当院の特色

こやまクリニックの特色(2)~全自動システムによるオンラインHDF

オンラインHDFの効果

最も毒性の強い尿毒素は、中分子量以上の大きな分子です。しかし普通の血液透析(HD)療法では小さな分子を除去するにとどまるためにそうした毒性の強い尿毒素を十分には取り除くことはできず、様々な症状を引き起こす原因となってきました。

一方、大きな分子量の尿毒素をも十分に取り除く最良の血液浄化法が、この新しいシステムの血液濾過透析(HDF)です。実際に、オンラインHDF療法(大量液置換HDF)は透析者の人生の質を大きく高め、寿命も延ばすことが証明されています。

JMS全自動コンソール

当クリニックでは2009年3月にJMS社の全自動コンソール「GC-110N」を導入しました。こやまクリニックの現施設は全自動システムによるオンラインHDFを行うことを前提に建築されており、今回ようやく念願が叶った形となりました。

「GC-110N」は専用のコンピューターシステムによって自動制御されており、従来の透析装置とは異なり透析の作業過程が自動で進められる仕組みとなっています。

全自動化のメリットとしては、作業の効率化や人的ミスの抑止が挙げられます。 当システムの導入により、透析開始前・透析中・透析終了時のいずれにおいてもスタッフが透析者の皆さんにより細やかなケアを行う余裕が生まれました。

今後もこの態勢でスムーズかつ充実した医療を提供していきたいと考えています。

ヘモダイアフィルターの使用について

オンラインHDFでは長い間通常の血液透析(HD)と同じダイアライザーが広く使用され、5型ダイアライザーとの組み合わせで効果的な治療が施行可能であることが知られていました。

しかしながら、近年になり「オンラインHDF療法には従来のダイアライザーではなくヘモダイアフィルター(=血液透析濾過器)を使うべきである」が厚生労働省の見解であるという情報が度々聞かれるようになりました。

これは当クリニックの院長ならびにスタッフが参加してきた複数の勉強会でも繰り返し話題に上った件です。また取引先のメーカーからも通達という形で話がありました。薬事法上留意すべき重要な事項とのことで、当院はいち早くヘモダイアフィルターを採用してオンラインHDFを行っています。

ヘモダイアフィルター

性能を比較検討した結果、現在はニプロ社製の「マキシフラックス」シリーズのヘモダイアフィルター各サイズ(MFX-25S eco、MFX-21S eco、MFX-15S eco、MFX-15 eco等)を使用しています。今後より良い効果を得られるヘモダイアフィルターが登場した場合には、積極的に取り入れていく所存です。

写真中の装置紹介

写真(上・左)

  • JMS社 透析用コンソール 「GC-110N」 (全34床に対し34台設置)
  • JMS社 マルチフローポンプ 「MF-01」
  • JMS社 精密濾過フィルター 「JP-80」 (現在は背面に2本取り付け)

写真(下)

  • ニプロ社 ヘモダイアフィルター 「maxiflux MFX-21S eco」
目次 蘭写真集
緑写真集