当院の特色

こやまクリニックの特色(2)~全自動システムによるオンラインHDF

オンラインHDFの効果

最も毒性の強い尿毒素は、中分子量以上の大きな分子です。しかし普通の血液透析(HD)療法では小さな分子を除去するにとどまるためにそうした毒性の強い尿毒素を十分には取り除くことはできず、様々な症状を引き起こす原因となってきました。

一方、大きな分子量の尿毒素をも十分に取り除く最良の血液浄化法が、この新しいシステムの血液濾過透析(HDF)です。実際に、オンラインHDF療法(大量液置換HDF)は透析者の人生の質を大きく高め、寿命も延ばすことが証明されています。

JMS全自動コンソール

当クリニックでは2009年3月にJMS社の全自動コンソール「GC-110N」を導入。2018年にはニプロ社製の「GCV-3」に刷新。定着した高効率透析を維持していく体制を支えています。

こやまクリニックは全自動システムによるオンラインHDFが一般化する前に建てられましたが、施設自体は全自動化時代の到来を見越して設計されており、無理なく移行することができました。2009年以来、当院では各ベッド脇の装置は専用コンピューターシステムにより自動制御されており、透析の作業過程も自動で進められています。

全自動化のメリットとしては、作業の効率化や人的ミスの抑止が挙げられます。 当システムの導入により個別装置の操作という手間が省け、透析開始前・透析中・透析終了時のいずれにおいてもスタッフが透析者の皆さんにより細やかなケアを行う余裕が生まれました。

ヘモダイアフィルターの使用について

オンラインHDFではかつて通常の血液透析(HD)と同じダイアライザーが広く使用され、5型ダイアライザーとの組み合わせで効果的な治療が施行可能であることが知られていました。

しかしながらオンラインHDFが正式に認可されるのと時期を同じくして、「オンラインHDF療法には従来のダイアライザーではなくヘモダイアフィルター(=血液透析濾過器)を使うべきである」が厚生労働省の見解であるという情報が示され、当院もそれに従いヘモダイアフィルターに移行しました。

ヘモダイアフィルター

移行当初からニプロ社製「マキシフラックス」シリーズをしており、現在使用しているヘモダイアフィルター型番は「MFX-30V」~「MFX-15E」となっています。

目次 蘭写真集
緑写真集